Last-modified: 2008-06-21 (土) 23:25

#nomenubar

選手獲得



獲得手段は下記の獲得手段7種類になります。
国内新人選手と、海外リーグ所属の外国人選手の獲得は予めスカウトによる発掘が必要。
FA選手も含めてのこの3つは入団交渉が必須です。
トレード・トライアウト・海外アカデミーはスカウト能力とは無関係で、
プレイヤーに判断が委ねられます。

選手獲得手段

分類発掘
発生
入団説明

新人(高校生)3~10月11~12月最初は球団アピールや待遇、
ドラフト指名後は契約金・年俸を提示して交渉。
ドラフト会議で指名権を獲得しないと金銭交渉はできない。
新人(大学生・社会人)3~10月11~12月最初は球団アピールや待遇を提示して交渉。
ドラフト会議前でも指名後は金銭交渉が可能。
最後まで交渉を進めて逆指名を許可すれば
入団の確約が得られる。
FA11月11~12月公示は11月初めで交渉期間は2ヶ月間。
契約金を提示して交渉を進める。
入団時には契約金と契約年数分の年俸を支払う。
トライアウト12月12月トライアウト開催に3000万円が必要。
現役続行を目指して他球団を自由契約となった選手が集まる。
年俸のみの支払いで入団となる。
トレード3~6月、11月3~6月、11月自球団と他球団とで選手を交換する。
獲得または放出選手を選び、他球団の返事を待つ。
交渉時に選手+金銭を付け加えた提示も可能。

海外リーグ4~12月1月、3~6月最初から契約金と年俸を提示する。
4~6月は交渉成立次第の入団。
7~10月の交渉成立(2人までしか契約できない)は11月の入団。
それ以降は1月の入団となる。
海外アカデミー4~10月10月特定の経営企画を実行すると海外アカデミーと提携。
4月に入校してきた選手の才能を見極め、
その中から10月卒業時に獲得する選手を選ぶ。

国内新人&外国人選手の獲得

分類制限
国内新人同一年に入団できる選手は3人まで。
そのうち、自由競争枠での獲得は2人までとなっている。
海外アカデミーチームに在籍できる外国人選手は4人まで。
ただし、投手4人、野手4人の組合せは不可。

パイプ値の増減要素

UP■該当地域の大会を観戦
■該当地域の情報を基に選手を発掘
■該当地域の新人選手を獲得
■該当地域出身選手をトライアウトやFAで獲得
DOWN■該当地域以外の選手を獲得
■該当地域の選手を解雇
■該当地域の選手をトレードで放出
■同一週に異なる地域の大会を観戦

このパイプ値が高いと3月3週の有力新人メモや、
シーズン中の有力選手情報が入りやすくなり、選手の発見も容易になります。
優れたスカウトはパイプ値も高く、雇った場合には何もしなくてもパイプ値が一気にUP。
画面上に表示されるパイプ値は、スカウト個人の値と球団が持つ値の合計のパイプ値です。
スカウトを変更すれば、スカウト個人の値分が増減して画面上のパイプが変動します。

スカウトの海外派遣

地域リーグ派遣費用
北米ゴッデス2000万円
グランド1200万円
中南米カリブ1600万円
テンガロン1400万円
アジアバンリ800万円
カンウ800万円
ソックラム800万円
オーストラリアエアーズ1400万円
ヨーロッパバロック800万円
南アフリカケープ1000万円

海外のみ、1回毎の派遣に費用が必要。
派遣中にリーグが終了したり、途中でスカウトの予定を変更した場合も返還されません。
同一リーグを観戦する場合でも途中で条件を変更すると再度費用を支払うことになります。

多くの選手発掘のポイント

大会・リーグスケジュール

schedule.jpg
 
 

Top/やきゅつく3/選手獲得

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-06-21 (土) 23:25